旧型からの進化① バッテリー強化

旧型(ZB3104/ZB3107)から

新型ZB3113AKになったことで、

 

・通常モード:35分 → 45分

・最大モード:13分 → 16分

 

と、運転時間が伸びました

通常モードだと10分、最大モードでは3分長く使えます。

 

バッテリーは、1度に約6分間使って充電を繰り返した場合、

約3750回使えるようです。

 

(完全に使い切り、満タンに充電を繰り返した場合、約500回使えます。)

 

バッテリーを交換するときはハンドユニットそのものを

交換する必要があるので、そこは注意されてくださいね。

 

バッテリーの名前も

リチウムイオン電池 DC18Vから

ターボパワー・リチウムイオン電池 DC18V

に変わっています。

 

バッテリーの変化もあり、ハンドユニットが1.1kgから1.2kgへ

おそよ100g重くなっています。

 

ただこの重さの違いはあまり差を感じるほどでは無いと思います。

 

旧型からの進化② 付属品増加!

付属品は

 

・布団ノズル

・布用ノズル

・ロング隙間ノズル

・すき間ノズル

・ブラシノズル

・ホース

・フィルターセット(プレフィルター・ファインフィルター)

・ACアダプター

・充電ステーション

 

の9つ付いています。

 

その中でも旧型(ZB3104/ZB3107)と比べ、

 

・布団ノズル

・布用ノズル

・ロング隙間ノズル

・ホース

 

4つが新しく加わっています

掃除したい対象により特化している分、使い勝手が良くなっていますよ

 

ZB3113AKの価格

スティッククリーナーZB3113AKは店舗によってかなり価格に違いがあります。

1万円代、2万円代、3万円代とタイミングによっても変動があるので、以下から確認することをお勧めします。


ZB3113AKの最安値をチェック

 

ZB3113AKの特徴 こんな方におすすめ

 

ZB3113AKは水平に180℃、垂直に曲がるので

ドファやベッドの下といった掃除が面倒な場所でも

使いやすいです。

 

楽に掃除をしたい方には特におすすめです。

 

使い方について詳しく見たい方はこちら↓

フローリングのゴミの除去能力が特に高く、

ゴミ除去率」は98%と言われています。

 

普段、吸引力で目にするのは

「吸い込み仕事率」が多いですが、

「ゴミ除去率」は世界基準の指標です。

 

そのため、実際の掃除に役立つ、信頼できる指標ですよ。

 

掃除機のブラシの手入れが面倒くさい

と思われている方にもおすすめです。

一般的な掃除機では、吸引するブラシ部分に

髪の毛や糸くずが絡まって手入れに苦労します。

 

ZB3113AKは、足でスイッチを踏めば

ブラシに絡まるゴミ(髪の毛や糸くず)を

簡単にカット・吸引してくれます。

 

どうしても吸い取れない場合もあるので、

10秒間くらいスイッチを踏んでもダメなときは

ハサミやピンセットで取る方が良いと思います。

 

定期的に絡まりを簡単に除去する

ブラシロールクリーン機能」を使って

ブラシのゴミを取り除くのがおすすめです。

 

さらに、「オシャレ」なデザインを好む方にも

おすすめです。

 

スタイリッシュな北欧デザインなので

インテリアにもよく合います♪

スタンドなしで立てられるので、

部屋の片隅に立てておくのも良いですね。

 

口コミ・レビュー

口コミ・レビュー①

「付属品がたくさん付いていて良かったです。

特にハンディクリーナーが使い勝手良いです♪」

 

口コミ・レビュー②

「軽いので、使いやすくて助かります。

そのわりに吸引力がしっかりしています。

 

でも壊れやすいのでそこは注意した方が良いと思います。」

 

口コミ・レビュー③

「すごく使いやすくてお気に入りです。

充電が長くなったのも良いです。」

 

 

使いやすさの部分が特に人気のようです。

付属品の多さから、いろんな掃除に役立てられます。

 

旧型の掃除機(楽天で25704円)を買って、

付属品を足して新型(ZB3313AK)に無い機能を補おうとした場合、

 

・布団ノズル:4980円(税抜き)

・布用ノズル:3280円(税抜き)

・ロング隙間ノズル:2480円(税抜き)

・ホース:3480円(税抜き)

 

かかるので、少しでも必要性を感じたら、

新型のZB3113AK(タングステン)の購入が間違い無いですね。