シャープの加湿空気清浄機KC-G50とKC-F50の違いを比較してみました。

合わせて、口コミ・評判も紹介します。

KC-G50とKC-F50の違い

シャープの加湿空気清浄機KC-G50とKC-F50の違いついて以下の3点で説明します。

 

  • 異なるスペック
  • カラーの違い
  • 価格差

 

では、それぞれについて…

 

KC-F50の機能がKC-G50では無い

KC-F50に5つあった空気清浄器センサーは

KC-G50では4つになりました。

 

減った特徴的な機能は、

・ハウスダスト(ホコリ・ダニのふん・死がい・カビの胞子・花粉)

・タバコの煙・PM2.5(2.5μm以下の微小粒子状物質)

などを検知する高感度ホコリセンサーです。

 

KC-G50には高感度ホコリセンサーが搭載されていません。

搭載されていませんが除去能力はKC-G50とKC-F50で変わりません。

 

さらに、運転終了後、

KC-F50は自動でルーバーが閉じますが、

KC-G50は手で閉じなければなりません

 

自動で運転停止する切タイマーは、

KC-F50には搭載されていますが、

KC-G50には搭載されていません。

 

空気清浄機と連動機能が付いたシャープ製エアコンと

KC-F50は連動しますが、

KC-G50は連動しません。

 

KC-F50の風量切替設定は

梅雨・静か寝・花粉・静音・中・強

KC-G50の風量切替設定は

自動・静か寝・花粉・静音・中・強

 

KC-F50は梅雨設定で湿度が70%以上になると、

風量強めの自動運転でプラズマクラスターと集じんを強化するモードになります。

KC-G50は、その設定はなく、代用で自動設定が付いています。

 

では次にカラーの違いについて。

カラーの違い

シャープ KC-G50 には

・KC-G50-W(ホワイト系)
・KC-G50-H(グレー系)

の2種類のカラーがあります。

グレー系はKCシリーズ初です。

 

性能的には KC-G50 も KC-F50 も変わりませんが、

グレーが好きな方はKC-G50-H の購入も良いかもしれませんね。

 

さらに、大事なお値段です。

価格の違い 安いのは…

(以下、2018.6.25に更新)

 

KC-G50は楽天の最安値で

17500円で販売されています。

 

色違いのKC-G50-W(ホワイト)は

14,980円(税込)で販売されています。

 

一方、KC-F50はKC-G50より安いです。

楽天最安値で22,680円(税込)となっています。

より安いKC-F50について口コミ・評判もまとめました。

KC-F50 口コミ・評判

加湿・空気清浄・電気代についての口コミ・評判を集めました。

加湿

口コミ口コミ

鼻が楽になって、花粉症の薬の量を半分にできました。

口コミ口コミ

起床時の喉の乾燥・痛みがなく、空気清浄・加湿しっかりできています。

タンク容量2.5L、3日でタンクが空になるくらい、よく加湿されています。

加湿機能で常時40%に保たれます。

花粉症対策にも、風邪の予防、加湿機能には定評があります。

空気清浄

口コミ口コミ

寝室にプラズマクラスターを置いてから、鼻水が止まりました。

おかげでぐっすり眠れます。

風邪を引きにくく、気分も良い感じがします。

口コミ口コミ

1LDK〜2LDKくらいならこれ1つで十分です。

20畳ほどの部屋では十分です。

口コミ口コミ

薬よりも早く空気清浄買えばよかった。

薬を飲んでも咳で夜眠れなかった我が子が、ぐっすり眠れるようになった。

薬よりも空気清浄機KC-F50というくらい、空気を綺麗に保てています。

「鼻水を早く止めたい」

「病気を早く治したい」

という方にはぴったりかもしれませんね。

電気代

口コミ口コミ

1日中運転しても電気代1日2円。安い。

タバコの感知に使うと24時間で9円。

電気代は旧世代機と比べ格安です。

電気代は他の機器と比べても格安で安心です。

 

以上、機能・電気代も安心、多くの方から好評のKC-G50。

寧ろ、マイナス評価が全く見つけれなくて不安なくらいですが(笑)

興味のある方はこちらを見てみてください。