オイルヒーターウェーブ型IWH-1210KとPOH-1210KS

アイリスオーヤマで人気のオイルヒーターです。

オイルヒーターウェーブ型IWH-1210K ↓

オイルヒーターメカ式POH-1210KS ↓

IWH-1210K は2016年モデルで、POH-1210KS は2017年のモデルです。

1年を経てどのような違いがあるのか、機能・価格に注目しました。

 

ウェーブ型IWH-1210KとPOH-1210KS を比較

 

オイルヒーターウェーブ型IWH-1210K の顕著な特徴がウェーブ型フィンです。

ウェーブ型フィンは従来のフィンと比べ、表面積が約1割大きくなっています。

ウェーブ型フィンは空気との接触面積が広くなるため、暖房能力・効率がより高くなっています。

 

ただ、IWH-1210Kは適用床面積が洋室8畳となっている一方、2016年モデルのPOH-1210KS も同じく適用床面積は洋室8畳です。

 

大きな差というより、

「理論的にIWH-1210Kの方が速暖性は高い」

と考えるくらいが良いと思います。

 

使用電力自体はIWH-1210K 及びPOH-1210KS とも

強 1200W・中 700W・弱 500W

の3段階で大幅な変化はありません。

 

持ち運びに関してはPOH-1210KSにやや分があります。

IWH-12010K:10.9kg

POH-1210KS:8.2kg

と、この2.7kgの重さの差はウェーブ型フィンの重さ分でしょう

 

さらに、

IWH-12010K:幅25.6×奥行49.5×高さ63.5cm

POH-1210KS:幅25×奥行47.5×高さ65cm

POH-1210KSの方ややスリム・コンパクトと言えます。

IWH-1210K とPOH-1210KS  の楽天価格の違い

オイルヒーターウェーブ型の価格はそれぞれ

IWH-12010K:10580円~

POH-1210KS:7480円〜

最安値となっています。(4.2時点)

 

ウェーブ型フィンがあるため、IWH-12010Kの方が高いようです。

タイミングによって価格も変動するので、以下がより正確です。

IWH-12010Kの価格をチェック(楽天)

 

POH-1210KSの価格をチェック(楽天)