花粉症に効くと話題のナリルチン。

そんな中でも最も話題となっているのが、じゃばら

ナリルチン含有量が多い食べ物・果物

1個あたりのナリルチン含有量じゃばらは991mgです。

 

他のナリルチンを含む果物、

いよかん 224mg

グレープフルーツ 194mg

温州みかん 46mg

すだち 16mg

 

と比べても、数倍から数十倍のナリルチン含有量です。

 

特にナリルチンは11月が旬で最も多いとされています。

旬でなくても、ナリルチン含有量はじゃばらが群を抜いています。

 

じゃばらの果汁よりも皮におよそ13倍多くナリルチンが含まれている。

 

じゃばらそのもの(果物)だけでなく、

・じゃばら果汁

・じゃばらパウダー

・じゃばらサプリ

・じゃばら酒

 

と飲料からサプリまであらゆるじゃばらが販売されています。

 

じゃばらのナリルチンは加熱に強い?

ナリルチンは以下のような構造式をしています。

 

パッと見て「あぁそうか。」と思えるのは

かなり専門的に化学に触れている人くらいでしょうか。

 

加熱に対する結論から言うと

「抽出して精製したものは特に加熱に対して安定」です。

 

ナリルチンはフラボン類と言う部類に分けられます。

これまた専門的な言葉なのですが。。。

つまり、低分子物質(=安定物質)です。

 

酵素やタンパク質だと、不安定で加熱に負けることが多いです。

ただし、ナリルチンは低分子物質でもあり加熱にさほど弱くはありません。

 

ナリルチンを多く含むのは大方果物で、

・サプリ

・ジュース

・酒

といった状態で出回っているので、そのまま召し上がる方が良いですね^^

 

じゃばらの良い効果とリスク

花粉症の症状が出ている一般の方向けに

じゃばらの成分を含むカプセルを飲む調査が行われています。

 

対象者は143人で期間は15日間。

そのうちの67%およそ94人は改善効果を感じています。

 

67%も!と感じる人もいれば

67%しか…と感じる人もいる中途半端な数字かもしれません。

 

ただし、15日という限られた日数、

対象者が他の薬を使っているなども考慮に入れると、効果はより高いと考えられます。

 

<注意!!>

じゃばらは

「アレルギー誘発成分が取り除かれているか」

チェックが必要です。

じゃばらの果皮は体に良い成分が含まれる一方で、リスクもあります。

 

リスクもありますが、

きちんと精製されているものは大丈夫です。

じゃばらに口にする前に、安全性の確認をして頂ければと思います。^^

 

じゃばら(果汁・ジュース・酒・サプリなど)を見る(楽天)