風邪にはタンパク質とビタミン

風邪は体を温めて、栄養を取って、十分に寝ることが大事です。

 

栄養は特に

・たんぱく質

・ビタミンA

・ビタミンC

が風邪の特効薬です。

 

ビタミンA・Cには細胞の抵抗力を高める効果があります。

 

また、ビタミンCは

・ウイルスの感染を防ごうとする体の働きを強める作用

・ウイルスそのものをやっつける力

・寒さに対する抵抗力をつける力

があります。

 

さらに、ウイルスが墓下細胞や組織を回復したり、薬の副作用の防止にもビタミンCは役立ちます。

風邪の予防・引き始めだけでなく、回復期・治りかけまで効果的です。

 

風邪を引いて熱が出ると体内のビタミンCが減るため、ビタミンCは積極的に取る必要があります。

引き始めの風邪を1日(1晩)で治す方法と葛根湯を飲むタイミング

風邪に効くおすすめ果物・野菜

ビタミンCは、

・みかんなど柑橘類

・パイナップル

・いちご

などの果物に多く含まれます。

 

特に、みかんは咳やたんをしずめる時働きがあります。

 

のどが痛む時には「なし」も効果的です。

なしには、熱を下げ、喉をうるおし、鎮痛作用があるため、風邪の症状を軽くする効果があります。

なしの絞り汁は風邪の時の咳や痰にも効果的です。

 

野菜では

・にんじん

・ネギ

・パセリ

・ピーマン

など緑黄力野菜に多く含まれます。

加熱すると破壊されるので、洗ってそのまま食べるか、生のジュースにして飲むのが、手軽で効果的です。

 

にんじんの赤い色はカロチンという色素で、カロチンは体内でビタミンAと同じ効果を発揮します。

さらに、ビタミンB・Cも含んでおり、体の抵抗力を高める効果があります。

生のにんじんのすりおろしやそのまま食べることで栄養をしっかり補給できます。

 

ニラはビタミンA・B・Cだけでなく、カルシウム、カリウム、鉄も多く、風邪の栄養補強にぴったりです。

また血液の循環を良くする効果があり、早く病気を治す効果があります。

 

また、ニラの強いにおいのもとである「アリル」という物質は、自律神経を刺激し、冷えた医療や内臓の調子を整えてくれます。

ただし、アレルギー体質の人や下痢をしやすい人は食べ過ぎないよう注意が必要です。

にら粥かにら雑炊にして食べると、体が温まり、体の冷えからくる胃腸の痛みにも効果があります。

おかゆやスープにネギの白い部分をみじん切りにして混ぜて食べることで、体を温め、病気を体から追い出す効果が期待できます。

 

ネギの白い部分に、汗を出して熱を下げて体を温める効果があるため、風邪の引き始めには効果的です。

ただし、熱がすでにでていて汗をかいている場合には使えないのでご注意を。

 

風邪の時にダメな食べ物

消化が良くない食べ物。体を冷やす食べ物は、風邪を悪化させる可能性があります。

特に悪寒があるような風邪の引き始めには向かず、体を温める方が大事です。

 

体を冷やす食べ物としてはトマト、ナス、キュウリ、スイカ、柿、ほうれん草、白菜、セロリなどがあります。

 

みかんやにんじんなどと同じ果物や野菜でも、風邪には逆効果の種類もあるので、なるべく先に話した風邪におすすめ果物・野菜をぜひ、積極的に取ってください。

 

また、そばや貝類のアサリ、シジミ、カキにも体を冷やす効果があるので、風邪の症状が出ているときは、なるべく控えましょう。