冬がいよいよ本番に近づいてきて

寒い!!

肌がカサカサする!

と思われているあなたへ

 

シャープHX-G120加湿セラミックヒーター

の口コミレビューを紹介します。

シャープHX-G120の口コミレビュー

 

利便性の良いとの口コミが上がっていました↓

[char no=9 char=”口コミ”]使い勝手が良く操作がしやすい

石油を使う必要がなくて助かる。[/char]

機能も良いと声も上がっています↓

[char no=10 char=”口コミ”]14畳の部屋ですが1時間ほどでだいぶ暖かくなりました。

木造の部屋で温まりが不安でしたが、大丈夫でした。

8畳以下ではすぐ温まります。[/char]

加湿機能も人気のようです↓

[char no=8 char=”口コミ”]温度設定は強弱のみだけど、加湿マイナスイオンも付いていて室内は快適♪

加湿が良くされていて乾燥を防げます。

6畳の部屋で「うるおい」運転使うと窓が結露するくらいうるおい十分です。

加湿が必要ない時は消せるし、タイマーもついているので節電もできます。[/char]

見た目・形・大きさについてはこちら↓

[char no=10 char=”口コミ”]スマートで場所を取らず、置き場に困らない。

コンパクトで軽い♪

軽いので持ち運びが楽![/char]

暖房機能を使うときも安心です。↓

[char no=12 char=”口コミ”]本体が熱くならない。

小さな子がいる我が家でも安心。[/char]

 

3つのイマイチな口コミ・レビュー

[char no=6 char=”ちゅうい”]もう少し暖房能力が欲しい。[/char]

一方で、こういう声も上がっています↓

[char no=11 char=”口コミ”]8畳以下ではすぐ温まる。

15畳ほどのリビングでも暑いくらいに温まる。[/char]

誰が使って、どのくらいの暖かさをも期待しているかによっても変わりますし、

・壁が木造かコンクリートか

・温め始めてどのくらい時間が経ったか

によっても左右されますね。

 

・一人部屋

・脱衣場

・子ども部屋

には全く問題無く使えるようです。

 

[char no=6 char=”ちゅうい”]少し揺れただけで止まってしまった。[/char]

セラミックヒーターHX-G120には対震自動運転停止装置がついています。

万が一、地震が起きた時、火事になる危険性を回避するためですね。

この機能は繊細にできているので、

物や人がぶつかりにくいところに設置するのをオススメします。

 

[char no=6 char=”ちゅうい”]タンクの水の減りが早い。[/char]

セラミックヒーターHX-G120は加湿機能もしっかりしています。

そのため、タンクの水の減りが早いのはしょうがないところではありますね。

この部分は、受け入れる必要があるでしょう。

 

HX-120のスペック

加湿セラミックヒーターHX-120の機能がこちら↓

 

・プラズマクラスターシャワー運転

・プラズマクラスター単独運転

・ハイブリッド加湿

・おまかせ(自動)運転

・うるおい(自動)運転

・自動フィルター洗浄運転

・風向可変ルーパー

・対震自動運転停止装置

・切り忘れ防止機能

 

充実のラインナップですね♪

 

プラズマクラスター機能で得られるメリットは

 

・静電気が抑えられる

・タバコの臭いを消すことができる

・カビ菌を除去できる

・ウイルスの力を抑えられる

 

などです。冬場、

 

「静電気でビリっとしたくない!」

「ノロ・ロタ・インフルエンザウイルスを避けたい!」

 

という方にはプラズマクラスターはうってつけです。

 

プラズマクラスターは

自然に存在するプラスとマイナスイオンで

空気を浄化してくれます。

空気をきれいにするシャープだけの機能です。

安全性もきちんと確認されています。

 

部屋の空気をきれいな状態を保っておけば

病気の予防にもなり安心ですよね。

 

加湿トレーと加湿トレーカバーは丸洗いできます。

丸洗いだとお手入れが楽ですよね。

 

抗菌加湿フィルターは

だいたい3シーズンは持つと言われています。

 

加湿器は水気が多いので

「雑菌が繁殖してしまうのでは?」

と心配する方もいらっしゃいますよね。

 

加湿セラミックヒーターHX-G120Wは

雑菌の繁殖を抑える抗菌エアフィルターが付いています。

 

加湿フィルターの汚れを抑える機能も

しっかりしています。

 

加湿フィルターの汚れを抑える機能、

それがポンプアップ給水方式です。

 

ポンプアップ給水方式では、加湿した時に、

余分な水は加湿トレーカバーの下に落ちます

 

下に落ちることで、加湿フィルターが

水に浸しっぱなしになりません。

ポンプアップ給水方式の詳細はこちら↓

さらに、運転を停止した後、

自動でフィルターが洗浄されます

 

洗浄することで、水あかや汚れが付きにくくなります。

フィルターをきれいに使えて安心ですよね。

 

暖房・加湿の併用・使い分け

運転モードは、暖房と加湿を別に使うことも、

併用することもできます。

 

暖房のみの機能では、自動運転で

湿度に合わせて室温を20~22℃に合わせます。

 

室温が26℃以上になると自動で停まるので

安心して使えます。

 

必要ない時には暖房が止まり、

22℃以下となると運転を再開するので節電にもなりますよ。

 

加湿で使ううるおい自動運転では、

自動で湿度を55%~65%にできます。

 

55~65%という適度な湿度だと、

カビ・ダニ・インフルエンザウイルスが

発生しにくく安心ですよね♪

 

電気代は?

・プラズマクラスター

・暖房機能

・加湿

全て使っていれば電気代はエアコンくらいの

値段はすると思っていた方が良いでしょう。

 

冬場の暖房は夏場の冷房に比べても

電気をしっかり使いますよね。

 

1時間あたりの電気代(円)(50/60Hz)は、

「強」か「強+加湿」:約32.4円/約31.1円

「弱」か「弱+加湿」:約17.6円/約16.2円

「加湿」のみ:約16.2円/約14.9円

 

湿度が高いと体感温度は高まるので、

暖房・加湿で温めて、温もってきたら

暖房機能無しの加湿のみで使えば節電になりますね♪