ホットアンドクールファンAM09とAM05ダイソンが販売しているファンヒーターです。

2013年にAM05がリリース、そして2017年最新機種がAM09です。

見た目そっくりです。

AM05 ↓

AM09 ↓

それでは実際、何が変わったのか?

性能・口コミ・価格の違いを見ていきましょう。

 

ホットアンドクールファンAM09とAM05の違い 機能編

ホットアンドクールファンAM09とAM05の性能の大きな違いが

・ジェットフォーカスモード

・ワイドモード

・スリープタイマー

があるか無いか。です。

 

2017年最新機種のAM09の方のみこれらの機能が付いています。

AM09の方がAM05より高性能です。

それぞれ見ていきましょう。

ジェットフォーカスモード

ジェットフォーカスモードとは、特定の場所に集中して送風したい時に役に立つ機能です。

自分一人を温めるのには最適です。

 

しかし、部屋全体を温めたいという方もいますよね。

そんな方におすすめなのが次のワイドモードです。

ワイドモード

ワイドモードでは広範囲に送風したい時に使えます。

AM09は風向きを切り替えることができ、旧モデルのAM05にこの機能はありませんでした。

 

かなり使い勝手が良くなっています。

使い勝手という面では、次のスリープタイマーも新しく搭載されています。

スリープタイマー

AM09は15分・30分・45分・1時間、そして9時間までタイマー設定できます。

AM05にこのタイマー機能は無く、使い勝手は非常に向上しています。

 

AM05とAM09の口コミの違い[音]

2017年最新のAM09はAM05に比べて、最大75%の運転音低減となりました

実際、AM05の口コミはこのようなものがありました。

[char no=8 char=”口コミ”]運転時の騒音が意外と大きいです。[/char]

[char no=9 char=”口コミ”]動作音がかなりうるさいです。

もっと静かになってほしい。[/char]

一方でAM09となったことで口コミは変わりました。↓

[char no=9 char=”口コミ”]静かでも無く、うるさくも無い。

特に問題は無いといったところ。[/char]

[char no=11 char=”口コミ”]風量を大きくすれば音は出ます。

でも機械音じゃなくて風の音です。

嫌な音では全然なく、良い音だと思います。[/char]

AM09の電気代

ここまで、AM09はAM05より良いところだらけとなっていますが、注意点はあります。

 

ダイソンホットアンドクールAM09の消費電力は1200Wとなっています。

1時間当たりで32.4円の見込みとなります(2017.12月時点)

エアコンの消費電量はおおよそ800W~900Wで21.6円〜24.3円が相場です。

 

つまり、ホットアンドクールファンAM09の電気代は、普通のエアコンで部屋を暖めるよりも高くなります。

AM05とAM09の価格の違い

ホットアンドクールファンのそれぞれの価格は

AM09 35980円〜

AM05 32800円〜

(4/2時点)

カラーやタイミングによっても変動があるため、以下がより詳しいです。

 

am05の価格をチェック(楽天)

 

am09の価格をチェック(楽天)

 

AM09はAM05より値段が高いですが、AM05とAM09どちらかで迷っていれば、

AM09の方がおすすめです。

 

AM05とAM09は見た目の類似のわりに、性能が全く違うからです。

AM09は機能・使いやすさ・音の静かさでAM05からはるかに進化しています。

進化した分、価格差分の機能は充実しています。

 

冬の暖房だけでなく、夏には扇風機として使えます。

これからも長く、何年も使う場合、音が静かで使い勝手の良いAM09の方が賢いお買い物のように思います。