イブとは(イブプロフェン)とは

イブは抗炎症成分「イブプロフェン」を含むOTC医薬品です。

イブプロフェンは頭痛や生理痛、歯痛など「痛み」を和らげる時によく用いられる成分で、リングルアイビーやノーシンピュア、ナロンエースなどにも含まれています。

 

解熱鎮痛薬イブにもっとも近いのが<イブメルト>です。

イブメルトにもイブプロフェンが含まれ、その一回量の成分の違いは

 

イブ(2錠中):イブプロフェン 150mg

イブメルト(1錠中):イブプロフェン 200mg

 

イブメルトの方が1回量のイブプロフェンの量が多く、一回あたりの効き目が強いです。

またイブメルトはレモンライム味で飲みやすい特徴があります。

 

ただし、一日の用法・用量については

 

イブは1日3回(合計450mg)

イブメルトは1日2回(合計400mg)

となっており、1日単位で見るとイブが劣っているというわけでもありません。

 

「1回あたりの効果を強めたい」

「飲みやすさを重視したい」

場合にはイブよりイブメルトの方が良いですね。

イブメルトをもっと見る

 

イブとイブA錠EXの違い

イブA錠とイブの違いは

 

・イブプロフェンの痛みを抑える作用を高める成分(アリルイソプロピルアセチル尿素)

・血管の拡張を抑えてイブプロフェンの鎮痛効果を助ける成分(無水カフェイン)

 

と2つの痛みを抑える補助成分が含まれていることです。

さらに、イブA錠EXとイブA錠の違いは

 

イブA錠:イブプロフェン 150mg

イブA錠EX:イブプロフェン 200mg

イブA錠EXの方が痛みをしずめる成分の量が多く、より効き目が強くなっています。

 

イブに補助成分を足したものがイブA錠。

イブメルトに補助成分を足したものがイブA錠EX。

という違いです。

イブA錠とイブA錠EXをもっと見る

 

ちなみに、メリドンEVという一般医薬品があり、イブA錠と全く同じ成分(量も同じ)で違いがありません。先発医薬品とジェネリック医薬品の関係ですね。

 

イブとイブクイック頭痛薬DXの違い

イブクイック頭痛薬のイブA錠との違いはイブプロフェンの吸収を早めて、胃粘膜を 保護する成分(酸化マグネシウム)が含まれていることです。

 

イブクイック頭痛薬DXとイブクイック頭痛薬の違いは痛みを抑える主成分(イブプロフェン)の量で

イブクイック頭痛薬DX:イブプロフェン200mg

イブクイック頭痛薬:イブプロフェン150mg

DXの方が痛みを抑える成分(イブプロフェン)が多く含まれています。

他の成分(酸化マグネシウム、アリルイソプロピルアセチル尿素、無水カフェイン)の量に違いはありません。

 

これまでを振り返ると、

 

1 イブよりイブメルトの方が一回あたりの効き目は強い。

2 イブメルトよりイブA錠EXの方が痛みを和らげる補助成分が含まれより効き目が強い。

3 イブA錠EXよりイブクイック頭痛薬DXの方がより効きが早く、胃にもやさしい。

 

もちろん、個人差はありますが、効き目重視か、値段重視か、胃にやさしいもの重視かによって選び方が異なってきます。

 

「とにかく、全部そろっているものが良い」という場合には「イブクイック頭痛薬DX」がぴったりですね。

イブクイック頭痛薬・イブクイック頭痛薬DXをもっと見る

 

 

イブ(イブプロフェン)の成分比較一覧

イブ 2錠中

・イブプロフェン 150mg

 

イブメルト 1錠中

・イブプロフェン 200mg

 

イブA錠 2錠中

・イブプロフェン 150mg

・アリルイソプロピルアセチル尿素 60mg

・無水カフェイン 80mg

 

イブA錠EX 2錠中

・イブプロフェン 200mg

・アリルイソプロピルアセチル尿素 60mg

・無水カフェイン 80mg

 

イブクイック頭痛薬 2錠中

・イブプロフェン 150mg

・酸化マグネシウム 100mg

・アリルイソプロピルアセチル尿素 60mg

・無水カフェイン 80mg

 

イブクイック頭痛薬DX 2錠中

・イブプロフェン 200mg

・酸化マグネシウム 100mg

・アリルイソプロピルアセチル尿素 60mg

・無水カフェイン 80mg