デロンギマルチダイナミックヒーターMDH09-BK口コミ・電気代を紹介します。

 

また、そもそも

「マルチダイナミックヒーターとは何?」

と思われる方のためにもこの記事を書いています。

デロンギ マルチダイナミックヒーターMDH09の口コミ

口コミ口コミ

見た目がおしゃれだし、場所をとらない。

スタイリッシュな感じで、部屋の雰囲気とマッチしていて良い感じです。

電気代が気になるところですが、

ECO運転がついているので期待しています。

口コミ口コミ

音が全然しません

頭の近くにおいても頭はほてらず、肩は冷えません。

寝ている間に使っても安心です。

部屋の隅々まで安全かつ暖かいです。


口コミ口コミ

小さな子どもがいるので、

部屋の温度を一定に保つことができて安心して使える暖房器具を探し求めた結果、これに決めました。

コリビコリビ

え、暖房付いているの?」というくらい音は静かなようです。

音のレベルは人の呼吸よりも小さいんですって!

ダイナミックヒーターなのに音はダイナミックでは無いんですね。

パソコン作業・睡眠・集中したい時にはありがたいですよね♪

 

デロンギマルチダイナミックヒーターの電気代

20℃設定でリビングで1時間使う場合、

10畳で約12.6円

8畳で約9.6円

6畳で約6.5円

かかるとされています。

 

ECO運転をしておくことで、

通常運転よりも10%〜20%電気代が安くなります。

 

さらに、暖房を長時間使う方は

電気代を安くする方法があります。

 

暖房を1日中つけっぱなしにしているしていると、

当然電気代は高くなりますよね。

そこで、電気代を安くする方法が「プログラム運転」です。

 

プログラム運転はマルチダイナミックヒーターを

・通常のオートモード

・温度設定を低めの夜モード

に指定したとおりに切り替えてくれます。

 

1日のスケジュールが固定されている人であれば、

プログラム運転で運転モードを設定し、

「温めたい時きっちり温める」

というように、効果的に使えます。

 

例えば、外出して帰ってきても部屋を暖かくしておきたいという場合、

プラグラム運転では、外出時の設定では稼働しつつも、

電力を抑えめにすることができます。

 

しかし、プログラム運転は生活が不規則な人には利用しづらいかもしれません。

生活リズム・時間が明確な方にはプログラム運転がおすすめです。

コリビコリビ

ちなみに、マンションは断熱性が高いので、マンションでマルチダイナミックヒーターの「室温維持」は非常に効果が高いと思います。

長く部屋をポカポカにすることができますよ♪

 

デロンギマルチダイナミックヒーター MDH09-BK の詳細

 

マルチダイナミックヒーターとは

仕様は以下のようになっています。

・外形寸法(mm): 幅275×奥行355×高さ665

・本体質量(kg): 8.5

・電源コードの長さ(m): 2.5

・電圧/周波数: AC100V 50/60Hz

・消費電力(W): 900

・電力切替(段階): 3

・待機電力(W): 1.0

・モジュール数: 3

・プログラム: 3固定プログラム+1カスタムプログラム

・広さの目安(畳): 6~8

・平均表面温度(℃): 60

 

デロンギのマルチダイナミックヒーターMDH09には10個の特徴があります。

まず4つの特徴がこちら。

「風が出ない」

「乾燥しにくい」

「空気を綺麗に保てる」

「すぐに暖められる」

この4つの特徴は電気ストーブにも見られます。

 

さらに、エアコン、電気ファンヒーターのように

「やけど・家事の心配は不要」です。

もちろん、「燃料補充する必要もありません」。

 

そして、

 

「部屋全体をムラなく暖められる」

「音が呼吸よりも静か」

「温度をしっかり保持する」

この3つの特徴は

デロンギのマルチダイナミックヒーターならではです。

 

さらに、オイルヒーターほどではないですが、

熱をしっかり蓄えられる「蓄熱性」もあります。

 

デロンギのマルチダイナミックヒーターは

名の通りマルチ(多数)の機能を持った暖房器具です。