にんじんやかぼちゃ、トマトなどの色のもと(色素)となっているカロテノイド。

もともとカロテノイドは色付けのためくらいに思われていましたが、あらゆる病気の治癒に効果があるという研究論文が増えています。

カロテノイドと一緒に「β(べーた)カロテン」も有名ですね。

先にここの違いをはっきり分けておきましょう。

カロテノイド・βカロテンとは?

カロテノイドとは動植物の色素で、約600種類も見つかっています。

植物でカロテノイドは作られ、光合成の際に太陽エネルギーの獲得や有害な活性酸素の除去に使われます。

 

植物のカロテノイドは動物に食べられ、皮膚や筋肉、脂肪組織などに蓄積します。鮭の身の紅色や卵の黄色い部分(卵黄)などもそうですね。

 

βカロテンは600種類もあるカロテノイドの1種です。

特にβカロテンは「抗がん作用があるのではないか」と注目を受けたことで有名になりました。

 

βカロテン以外にも主なカロテノイドとして、αカロテンやリコピン、ルテイン、ゼアキサンチンといった健康への効果が期待されるものがあります。

βカロテンは「ビタミンAの前駆体(化学反応が起こる前)」であり、ビタミンAの発ガン抑制作用が報告されていたので、βカロテンは抗がん作用を発揮すると考えられていました。

 

しかし、ビタミンAを多く含んでいるレバーを食べている人にガンのリスクが低いという現象は見られませんでした。ここである気づきが生まれました。

βカロテンそのものに抗がん作用があるのではないか?」というものです。

 

さらにカロテノイドの研究が進み行き着いた答えは、ビタミンAにならないカロテノイドもしっかり抗がん作用を持っているというものです。

つまり、βカロテンはビタミンAに変わる前のカロテノイドの状態でも重要な働きを持っているということです。

 

また、カロテノイドは種類によって対応できる活性酸素(ガンのきっかけとして注目されている)の種類も違うということが分かっています。

 

βカロテンはある活性酸素には強く対抗(抗酸化作用)できるが、他の活性酸素には違うカロテノイドの方が優れている、ということがあります。

つまり、βカロテンさえ取っておけば良いのではなく、色んなカロテノイドを摂取することが大事です。

動物はカロテノイドを合成できないため、意識的にカロテノイドを取っておくことが重要です。

カロテノイド(βカロテン、αカロテン、リコピン、ルテイン、ゼアキサンチン)の効果

先に話した5つのカロテノイド(βカロテン、αカロテン、リコピン、ルテイン、ゼアキサンチン)について紹介していきます。

 

βカロテンは抗がん作用だけでなく、月経の周期にも関係しています。

βカロテンの不足は月経の周期の乱れにつながり、動物だと繁殖力が落ちるとも言われています。

ある種のカロテノイドは人間の体内では、精巣や黄体、副腎に多く存在し、ホルモンバランスに大きく関与していると考えられます。

 

αカロテンはβカロテンによく似た構造です。

βカロテンに比べて、ビタミンAに変化するのものは半分ほどになり、あまり注目を受けていませんでした。

しかし、αカロテンの方がβカロテンよりも肺ガンの抑制効果ははるかに強いということで話題になりました。(京都府立医科大学の報告)

リコピンはトマトやスイカに含まれる赤い色素で、テレビでも話題になっています。

リコピンはビタミンAに変わることは無いですが、活性酸素の1つである「一重項酸素」を消去する作用が強いとされており、病気を予防する効果が期待できます。

ルテインとゼアキサンチンはほうれん草やかぼちゃにたっぷり含まれており、2つはよく似た構造をしています。どちらもビタミンAには変わりません。

 

ルテインは網膜の主な色素でもあり、視力を損失する病気の加齢性黄斑変性症や白内障などの目(眼)の病気の予防にも効果があると報告されています。

 

また、ルテインとゼアキサンチンは水に親和性があるという特徴があります。他の多くのカロテノイドは脂溶性という水に親和性が弱いものです。

つまり、ルテインとゼアキサンチンは他のカロテノイドとは異なる体への良い効果を生み出しうると考えられます。(細かく言えば、体内の膜を貫通できる)

 

以下がそれぞれのカロテノイドの効果が期待されるものの一覧です。

体への効果カロテノイド
肌の細胞の再生ビタミンA
眼の病気予防ルテイン
ゼアキサンチン
肌の酸化防止βカロテン
肺がんの抑制αカロテン
乳腺がんの抑制リコピン
肝臓がんの抑制リコピン
すい臓がんの抑制βカロテン
大腸がんの抑制ルテイン
前立腺がんの抑制リコピン
膀胱がんの抑制リコピン

 

同じカロテノイドでも、種類によって色んな特徴があるため、あらゆるカロテノイドの摂取は病気への治療効果(活性酸素への影響)もより期待できます。

また、活性酸素の除去は病気だけでなく、肌を綺麗にし、ニキビがあればニキビの除去も期待できます

妊娠中で栄養が必要なお母様などにも取ってほしい栄養素です。

がんに対するカロテノイドの効果

がんになる一連の流れとカロテノイドとの関係性を見ていきます。

がんは元々は正常な細胞に異変が起きて(変異細胞)、がん細胞となり増殖することで病気としてのがんに進行します。

ビタミンAはがん細胞の増殖を抑える効果があります。

 

一方で、カロテノイドは正常な細胞が変異細胞に変わることを防ぐ効果があります。

またビタミンCやビタミンEにも正常細胞が変異細胞に変わることを抑制する効果があるため、普段から意識的にカロテノイドとビタミンC、ビタミンEを取っておくと病気の予防になります。

 

逆にがんを促進するものとしては

・高脂肪食

・高タンパク食

・お酒の飲み過ぎ

・喫煙

などがあります。お酒やタバコをや控えた方が良いのが定番ですが、たしなむ程度はストレス解消にもつながるので病気予防にもなります。

バランスが大切ですね^^

 

行き過ぎた習慣を和らげつつ、良い習慣(カロテノイドやビタミンの摂取)を取り入れることで、体が健康になっていくことが期待できます。

 

心臓・脳・目への治癒効果

さらに、カロテノイドはがんだけでなく、心臓の病気や認知症・痴呆症の予防効果も期待されています。

心臓の病気の原因になる動脈硬化は、酸化したLDLコレステロールが血管に沈着することで生じます。

カロテノイドの抗酸化作用でLDLコレステロールの参加を抑えることができれば、動脈効果、心疾患を予防できる、というものです。

 

スコットランドの研究では、抗酸化作用のあるビタミンC,E、βカロテンが血しょう中にたくさんあると、狭心症にリスクが下がることが報告されました。

 

中国では、ビタミンEとβカロテン、ミネラルのセレンを取り入れることで、脳血管疾患での死亡率が10%も低下したとの結果も出ています。

 

安定性狭心症や冠動脈血管再生の治療歴がある人にβカロテンを与えると、主要な冠動脈リスクが51%も低下したとの報告もあります。

眼の疾患(加齢性黄斑変性症)の患者にβカロテン、ビタミンC,E、セレンを与えることで、60%の患者で病気の進行が抑えられ、病状も改善した結果が得られています。

 

また、老化によって脳の認知機能の低下とリコピン、αカロテン、βカロテンなどのカロテノイドの血中濃度には強い相関関係があることが報告されています。

特にβカロテンをあまり取らないことで、痴呆症を発症するリスクが上がることが証明されています。

 

一つではなく、複数の種類のカロテノイドを摂取しておくことで、色んな病気の予防の効果があります。

野菜や果物には何種類ものカロテノイドが含まれているので、色々な野菜、果物を食べれば何種類ものカロテノイドを摂取できます。

 

カロテノイド豊富な食品・野菜の種類例

緑黄色野菜に多いですが、特にカロテノイド含有量が多いもので言えば、

・とうがらし

・しそ

・モロヘイヤ

・人参

・パセリ

・パジル

・ほうれん草

・あしたば

・シュンギク

・よもぎ

・大根、かいわれだいこん

・みつば

・かぼちゃ

・にら

・おかひじき

・かぶの葉

・こまつな

・ケール

・しその実

・ちんげん菜

・なの花

・リーフレタス

・サニーレタス

・赤ピーマン

・トマト、ミニトマト

 

果物で言えば

・メロン

・干し柿

・プルーン

・みかん

・スイカ

・びわ

・マンゴー

などがあります。

 

飲み物では

・抹茶

・煎茶の茶葉

・みかんジュース

・トマトジュース

などからも取れます。

 

海藻類からも取ることができ、

・のり(味付け海苔、焼き海苔、青のり)

・わかめ(素干しが特に多い)

・ひじき

・あおさ

・昆布

 

さらに漬物の

・たかなづけ

・からし菜づけ

・かぶのぬか漬け

・のざわ菜

・きょう菜の塩漬け

からもカロテノイドをよく取ることができます。

 

特に野菜はカロテノイドだけでなく、他のビタミンも同時に取ることができるので、病気の予防や肌を綺麗にするのにはうってつけです。

野菜で足りない分はサプリで補充

厚生労働省は2000年に策定した「健康日本21」で野菜摂取の目標量を「1日350g以上、そのうち緑黄色野菜を120g以上」としています。

 

しかし、平成29年の厚生労働省の野菜類平均摂取量は、成人男性でおよそ300g、女性でおよそ280gとなっています。

特に20〜30才代となると男性でおよそ260g、女性で230gと成人の平均よりおよそ50g少ない領となっています。

 

100g近く足りていない、というのが現状です。

 

健康意識が高い方ではサプリなどでも摂取することもあります。

ビタミンAを過剰に取ると、皮膚障害を起こすことがあるので注意が必要です。よほど取りすぎないと起きないですが、アトピー持ち、蕁麻疹になりやすい症状を持っていれば注意してください。

 

しかし、カロテンを取りすぎて過剰症、副作用が出るという事例はありません。αカロテンやβカロテンは体が必要な分だけビタミンAに変わり、それ以外はビタミンAに変わらないからです。また、他のカロテノイドでの過剰症も確認されていません。

カロテノイドのサプリは「カロチン」という名前でも販売されています。

手軽にカロテノイドを取るなら、「マルチ」タイプが簡単です。

 

普段から全く野菜を取っていない、あるいはもっと野菜を取りたいと思っていれば、ビタミン、ミネラルを豊富に含んだ「母なるスムージー」は特に人気があります。

・肌が綺麗になった

・お通じが良くなった

という声も上がっています。(↓をクリックするとリンクに飛びます。)

市販には野菜ジュースなどもありますが、野菜ジュースの多くはすでに栄養がほとんど消えています。

液化されたものでなく、なるべく粉末系やサプリの方が栄養を濃縮して保持できるので、栄養をよく吸収できます。